« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月12日 (火)

ビニール狂時代(冒頭から79ページ11行目)

『ビニール狂時代』翻訳文提出sign01今回担当部分で気になったことを書いてみます。

先日もちょっと書きましたが、『ビニール狂時代』はチャップリンの『黄金狂時代』のもじりなんでしょうね。作家はそれを意識しているのだと思いました。ビニールレコードの鉱脈を求めて殺到する世相、本物の鉱脈を手に入れることのできるDJの資質とは?

①ビニールというのは、ここではビニールレコードのこと!だから「レコード狂時代」っていう意味なんですね。レコードのことをビニールレコード、ビニール盤などと呼ぶことを、今回初めて知りましたが、翻訳の時、ビニールレコードとするのは抵抗感がありました。皆さんはどうですか。「ビニール貯蔵所」というのも、うーん。

②저や나を見れば、「私」とのみ訳していたこれまでの私。日本語はこれだけ一人称を現す表現が多いのに、何と怠慢。そこで、今回は「僕」にしてみました。若いDJのたまごは自分のことを何というのでしょう。それから、형っていうのも訳しにくいですよね。名前がわかっているときは、「○○さん」としている字幕なども多いようですが、今回は「兄貴」にしてみました。ちょっと昔っぽいし、クラスメートなんだから、日本だったら余程年が離れていない限り同等の言葉づかいするなあと思って、「訳さない」、「君」なども考えたのですが、妥協?してこういうことに^^;

③冒頭からラップで始まります。最初、吃音なのかな、と思い訳していましたが、ラップミュージック風に講義しているんですね。どうしたら感じが出るでしょうね。まあ、後の方に삐비비・・・とか出てきて、そちらの方が訳すのは難しそうですけれども。

④턴테이블 박스를 사물함에데 넣으며「ターンテーブルの箱をロッカーに入れて」
レコードプレーヤーのことを日本語でもターンテーブルというんですね^^ インターネットで見たら商品カタログにはターンテーブルって出ていました。へえって感じでした。「私物箱」そのままで調べたら、軍隊や学校で私物を入れておく箱とあって、行李みたいなものでしょうか、木製の箱の写真がたくさん出て来ました。昔はそうだったかもしれませんが、今はロッカー式かと思ってロッカーと訳しました。私の子供のころも、学校の教室の後ろの方にあった気がします。

あと、翻訳についてというよりも、ストーリーとテーマに関連し気になったフレーズを挙げてみます。

・레코드판처럼 나는 매일 똑같은 축을 중심으로 회전하고 있었다.(75.7)
 レコード盤のように私は毎日同じ軸を中心に回転していた。

이제 레코드판을 뒤집어야 할 시간이다.(76.2)
 今やレコード盤を裏返さなければならない時だ。

자신의 이름을 직접 짓는다는 건 멋진 일이다.(76.14)
 自分の名前を自分でつけるということは素敵なことだ。

보통 사람에겐 쓰레기나 마찬가지겠지만 우리에겐 보물이었다.(77.16)
 普通の人にはゴミも同じだが、私たちには宝物だった。

음반 디자인을 보면 장르를 알 수 있어야 하고, 판을 한 번 써다듬고 정확한 상태를 파악할 수 있어야 한다.(78.13)
 レコードのデザインを見るとジャンルがわからなければならず、レコード盤を一度なで、正確な状況を把握できなければならない。

탐험을 시작한 지 5분도 지나지 않아 녀석이 금광을 찾아냈다.(79.2)
 探検を始めて5分もたたないうちに、やつが金鉱を探し当てた。

네가 노다지를 발견했으니까 먼저 골라봐.(79.10)
 お前が富鉱を見つけたのだから、先に選べよ。

他にもお気づきの点、感想、何でも書き込みしてくださいね。お待ちしてまーすheart04

2011年4月10日 (日)

福島原発の現場

地震・津波による福島原発事故の発生以来、今に至るまで、最悪の事態を避けようと、自分の危険をも顧みず、現場で24時間体制で復旧作業にあたっている技術者や作業員の人たちがいる。確かな情報も、十分な自己防御のための服装や装具などの必要最小限の環境も、また食事なども不十分なまま危険な作業に身をさらしているという報道に、胸がつぶれるばかりだ。

どうか元気で頑張ってください!

現場の人たちを支えているのは使命感だろうか。家族の心配はいかばかりか。彼らの必死の活動がなかったら、今頃日本はどうなっていることか。最前線で働くこうした人たちのおかげで、かろうじて私たちはこうしていつもどおりの生活を送っているのだと思う。

現場作業員のこれからもずっと続く作業の安全を確保する責任は、まずは会社や政府にあると思うが、それをバックアップするのは、私たちの声であり、マスコミの役割でもあるのではと思う。感謝と激励のことばを届けたいが・・・祈ること位しか。一応安全な地域に住んで、大した支援もできずにいる。

2011年4月 8日 (金)

당근쏭!!

당근쏭! いつだったか、大好きな友達が送ってくれた歌です。元気がでます。よかったら聞いてみてください。

http://file.barunson.com/upfile/card/cedc33.swf?a=1

※가사 (久しぶりに聴いて받아쓰기してみました。合ってるかしら?)

 아~아~아~ 당~근~쏭!

 나 보고 싶니? (당근) 나 생각나니? (당근)
  I love you. You love me. (당근!당근!당근!)
 나 좋아하니? (당근) 나 사랑하니? (당근)
   I love you. You love me.  (당근!당근!당근!)

 너 변하지마. (당근) 언제까지나. (당근)
  좋아해. 좋아해.  (당근!당근!당근!)
 행복해요? (당근) 즐거워요? (당근)
  사랑해. 사랑해. (당~근~쏭!)

 때로는 짜증나고, 때로는 힘들어도
  너의 곁에 언제나 웃고 있는 나를 생각해.

 때로는 슬퍼해도, 때로는 외로워도
  너의 곁에 언제나 함께 하는 나를 생각해.

 당~근~쏭!

ビニール狂時代

「ビニール狂時代」の締め切りが明後日に迫りましたsweat01今回冒頭の部分担当なので、一応担当箇所はUPスタンバイ完了scissors後は、もう一度見直してから、皆さんの翻訳を拝見したいと思いますnote

「ビニール狂時代」という題名は、おそらくチャップリンの「黄金狂時代(황금광시대)」のもじりでしょうsign02DJのタマゴである主人公は、金脈ならぬビニールレコードの鉱脈を探り当てます。その後、どこか病んでいる男のせいで、主人公はさんざんな目に会うのですが・・・

では、後日、コメントでお会いしましょうheart01

2011年4月 4日 (月)

被災してないのに気持ちが沈む

自分が被災したわけでもないのに、被災の場面を繰り返し見たりすると、どんどん気が滅入ってひどく落ち込み、耐えがたいほどつらく感じる症状が、精神医学的に広く知られているらしいです。最初の一週間位は興奮状態にあるので、むしろ症状は出ないが、その後1カ月程はそのような症状が続くとか。そんな記事が出ていました。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110327/dst11032710270023-n1.htm

私も、最初の10日位は、地震の対応で昼夜、土日を問わず忙しかったので、家に帰ればバッタリ倒れ込むような状態でしたが、その後、ひどい気持ちの落ち込みを経験、テレビを見ては、あるいは夜ひとりで部屋にいると、つらくて何も手につかずどんどん沈みこんでいくようでした。

これではいけない!しっかり食べて、寝て、人と会話して、なるべく普通どおりの生活を取り戻さなくてはつぶれてしまう。そんな思いでブログも立ち上げ、飲み会(送別会)も予定通りに行い・・・

地震からの復興は、それこそ長期戦です。原発はまだ制御の見通しが立たず、家をなくした方々の避難所生活はまだしばらく続きます。就学や就職の問題、仮設住宅→新居への移転、身体の傷もですが、心に負った傷も簡単には癒えないでしょう。そんな被災地の皆さんを助けようと思ったら、ささやかでもできることを、いつまでも忘れず、ずっと何年も気にかけて続けていくことが大切だと思います。そのためにも、難しいことですが、自分がなるべく普通の生活を取り戻し、心の安定を取り戻さなければと思うのです。

がんばりましょうね。

2011年4月 3日 (日)

꽃샘 추위라던데

꽃샘 추위 日本にも「花冷え」という美しいことばがありますが、似た表現があると嬉しくなりますね。ただ、日本の場合はお花見のころの冷え、桜のころの寒さをいうのに対し、韓国では、春を象徴する花といえば개나리で、3月ころの寒さのぶりかえしを主に表現していると聞きました。韓国の新学期は3月に始まりますから、春だというのに、という気持ちは日本より少し早いのかもしれません。샘は妬み(うらやみ)、春の訪れを妬んでしばし冬に逆戻りさせようという神様のいたずらsign02

今年の3月の寒さは格別でしたね。2月から3月初めにかけて一度随分春らしさを感じさせるお天気の日があった後、ちょうど地震が発生した頃からそれ以降は、冬に逆戻りしたような日が続き、ウールのコートがいつまでも手放せない状況。

この寒さは、まるで地震・津波の脅威に震え、甚大な被害を悼む大きな悲しみを象徴している、そんな寒さに思えてなりません。厳しい寒さに耐えていらっしゃる避難者の皆さんのためにも、早く春の暖かさが訪れますようにと祈るばかりです。

本当の春がいっそう待ちどおしいこのごろです。

通訳案内士試験面接の記録

2009年度に自分が受験した通訳案内士試験の面接の様子です。これから受験される方には、少しは参考になるかしら。(自分の覚書であって、模範解答ではないのはもとより、たくさん間違っている可能性があります。念のため。)

【試験官のこと】
<試験官A>
50歳位の女性。発音もアナウンサーのようで聞き取りやすい。終始やさしい表情でこちらの話をうけとめてくださり、気持ちよく面接を終えることができた。試験室に入ってすぐに、NHKラジオ講座の講師をしていらしたイ・ユニ先生では?と思う。
<試験官B>
若い女性。最初の一言のみ発言し、後は聞いている。ときどきうなずいてくれる。

【試験前】
 試験場に到着すると、まず、受付をする部屋に案内された。ここでは、入室順にいったん席に座り、順番に教室の前に出ていって受付する。この時、首にかける番号札「○○-○」)を渡される。
 次に待合室となっている大教室に入り、番号順に席に座る。1 グループ6 人ずつで15 グループあった。みんなが揃うと、試験の説明が始まる。電子機器、通信機器など使用禁止。私語厳禁。講義用の教室の席に間隔を空けず座っているので、身動きもできない。直前までひたすら資料を読む。紙の辞書も使用できた。
 番号の初めの二桁は教室番号、そして下一桁はその教室で面接する人の順番。開始時刻少し前から各グループの1 番の人から順番に呼ばれ、15 教室で一斉に面接が行われている。10 分後に2 番の人、10 分後に3 番の人と10 分ごとに、別のホールのようなところに案内される。
 私は順番が最後の方だったので1時間近く待った後、試験室の前にある椅子に案内され、しばらく待った後試験となった。かなりの緊張。

 入室すると教室の奥に面接用のしつらえがあり、椅子の脇に机があったので、荷物を置く。椅子の前でお辞儀をする。

【質疑応答】
A: 안녕하세요. 앉으세요.(こんにちは。お座りください。)

think 예.(はい。)(と言って椅子に座る。)

B: 성함이 어떻게 되세요? (お名前をお聞かせください。)

think 유우라고 합니다. (ゆうと申します。)

続きを読む "通訳案内士試験面接の記録" »

2011年4月 2日 (土)

NHKラジオハングル講座応用編

NHKラジオハングル講座応用編は、シリーズごとにいろいろな工夫がされていて、中級以上を目指す人にとっては、すぐれもの教材のひとつ。韓国語の勉強を始めてから、結構お世話になりました。

特にこれまで私に相性がよくハマったシリーズは、

①2004年7~9月 野間秀樹先生の「実践的で豊かな会話表現」:これは、韓国語を勉強している日本人が実際に遭遇するであろう場面をよく考えて作られた教材で、そのまま使える表現ばかり。私も実際、会議karaokeなどで出会った韓国人に使ってみました。そのころ、続編がでないかな、と思ったものです。

②2006年4~6月  金東漢先生の「ことわざで学ぶ日常会話」:ことわざ&四字熟語が好きな私にとって嬉しいシリーズでした。

③2006年10~12月 チョ・ヒチョル先生の「小学校の教科書を読む」:さっきテキストbookを引っ張りだしてみたら、「読解力をトレーニング」とあります。いっぱい線が引いてあったり、書き込みがしてあって勉強の跡が。小学生用とはいえ、あなどるなかれ!試しに読んでみるとすらすらと読めず、忘れた単語もたくさんあって愕然。実力の低下は明らかなのでした。

④2010年6月~翌3月 波田野節子先生の「악기들의 도서관」:この本は、私に韓国の現代短編小説への扉を開いてくれた本(大げさhappy01)です。読みやすいし楽しいのがよかったかも。

①②は、その後単行本になって出版されています。

これからも、がんばれNHKheart01 頑張れ私sign03

2011年4月 1日 (金)

通訳式トレーニング

新年度のNHKラジオ講座応用編は「通訳式トレーニングでステップアップ!」ですね。昨日はその第1回目。さっそく聴いてみましたmusic講師は通訳者としても第一人者でいらっしゃる長友先生。プロとして、ご自分の経験を生かした方法を教えていただけることと思います。

①シンポジウムの司会、挨拶など、実際通訳する場面が多いであろう公式の場での表現が学べることも今回の講座の魅力。

②シャドウィング、すごーく久しぶりcoldsweats01結構速いですsign01本当は毎日30分ずつやるのが目標なのに、程遠いですね。せめて、テキストの本文は、講座の15分だけではなく、繰り返しシャドウィングしたいものです。

6か月がんばって通訳式トレーニング方法を身につけましょう。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ