« 꽃샘 추위라던데 | トップページ | ビニール狂時代 »

2011年4月 4日 (月)

被災してないのに気持ちが沈む

自分が被災したわけでもないのに、被災の場面を繰り返し見たりすると、どんどん気が滅入ってひどく落ち込み、耐えがたいほどつらく感じる症状が、精神医学的に広く知られているらしいです。最初の一週間位は興奮状態にあるので、むしろ症状は出ないが、その後1カ月程はそのような症状が続くとか。そんな記事が出ていました。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110327/dst11032710270023-n1.htm

私も、最初の10日位は、地震の対応で昼夜、土日を問わず忙しかったので、家に帰ればバッタリ倒れ込むような状態でしたが、その後、ひどい気持ちの落ち込みを経験、テレビを見ては、あるいは夜ひとりで部屋にいると、つらくて何も手につかずどんどん沈みこんでいくようでした。

これではいけない!しっかり食べて、寝て、人と会話して、なるべく普通どおりの生活を取り戻さなくてはつぶれてしまう。そんな思いでブログも立ち上げ、飲み会(送別会)も予定通りに行い・・・

地震からの復興は、それこそ長期戦です。原発はまだ制御の見通しが立たず、家をなくした方々の避難所生活はまだしばらく続きます。就学や就職の問題、仮設住宅→新居への移転、身体の傷もですが、心に負った傷も簡単には癒えないでしょう。そんな被災地の皆さんを助けようと思ったら、ささやかでもできることを、いつまでも忘れず、ずっと何年も気にかけて続けていくことが大切だと思います。そのためにも、難しいことですが、自分がなるべく普通の生活を取り戻し、心の安定を取り戻さなければと思うのです。

がんばりましょうね。

« 꽃샘 추위라던데 | トップページ | ビニール狂時代 »

大震災」カテゴリの記事

コメント

ゆうさんは、地震対応でお忙しかったのですね。お疲れ様です。
私は直接の被害はないものの、息子一家が関東におり、関連の仕事をしていますので
息子を思うとつらくなったり・・・。義母の入院に続き、義父まで別の病院へ入院・・や義妹の突然の死など暗い状態でした。正直、地震や原発のニュースを見ていると苦しく・・食欲がなくなったり、ひどいときは嘔吐感まで起こったことがありました。でも、このゆうさんの記事を読んで、それは自然に起こりうることだったのかと、妙に納得、安心しました。
しばらくハングルの勉強もやめようかと思ったのですが、普段通りの生活をしようと決めた矢先、ゆうさんのブログ発見!私もささやかながら自分にできることを続けて行こうと思います。

息子さん、関連のお仕事をされているとのこと、ご心配でしょうね。お義母さま、お義父さまのお世話、義妹さんのご不幸など、随分と大変な日々を送っていらしたんですね。本当にお疲れ様です。はるさん自身がお身体こわさないようになさってね。
気持ちを安定させるには、やっぱり一定の時間がどうしても必要だと思います。
無理せず、少しずつでも日常生活を取り戻していきたいものですね。

まずは自分が普段の生活に戻り、元気にならないと復興支援も出来ませんもんね!
私も落ち込みテレビを見ては泣き、家で一人不安になってましたが
今まで通りとはいかなかったとしても前向きに生活して行こうと思います。
みんなで元気を出して、日本を元気にしたいですね。

ゆうさん、ブログ開設おめでとうございます~note
気になっていたのに、訪問できずにごめんなさい。
私も震災関連のニュースやワイドショーなんかで、
被災された方々にインタビューするのを、直視できません。
いろいろ聞いたりするけど、悲しいに決まってるじゃん、
先が見えなくて不安に決まってるじゃん、って思っちゃって。
そのたびに涙が出ますが、泣くことも大事なことですよね。
がんばるのも大切だけど、その前に、存分に泣いたりしてから
がんばってほしいなあと思います。

ふにゃさんも、やっぱり泣いたりcrying、不安だったりshockの日々を送っていらしたんですね。
私なんかも、人事異動や友達との別れなど他にもいろいろあったので、何が原因でこんな気持ちになっているのか定かではなかったのですが、自分だけではなく、大勢の人の普通のストレス反応だったのか、と少し救われるような気持ちでした。
本当にみんなで元気をだしたいtulipですね。

nikkaさん、我が家においで頂き嬉しいですheart04
安全な水を被災地に届けたり、街頭募金moneybagをしたりと、被災地の支援に力を尽くされたとのこと、頭が下がります。
目の前に起きていることを、いったん避けることも、それから直視して受け入れることも、自己防衛や立ち直りのために大切だといいます。それぞれにタイミングがあるのでしょうね。
原発も益々厳しい状況ですが、私は前線で奮闘する技術者や作業員を、そして日本を信じたいです。

정말..그래요.
지금 내게 주어진 것을 최선을 다해야 하고 마음을 먹지만..매스컴을 통해 전해지는 정보가 마음을 동요 시킵니다.
그렇다고 정보의 문을 차단 할 수도 없고.

유우상~!!
새로운 곳에서의 일은 어떠세요?
궁금하네요.
참, 전 이번 금욜에 한국에 갈 것 같아요.
부모님께서 걱정도 많이 하시고 저도 졸업후에는 한번 갔다 오려 했기 때문에 겸사겸사 갔다 오려 해요.
*^^*

몽이상~!
새 부서는 아직도 익숙하지 않은데, 분위기 좋을 것 같아 다행이에요scissors
한국에 간다면서요sign02 부모님한테 한번 가서 건강한 얼굴happy01을 보여 드리는 게 나을 것 같네요. 멀리서 생각만 하신다면 걱정도 많으신 거죠.
푸우상과 함께heart04 가세요?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/39479411

この記事へのトラックバック一覧です: 被災してないのに気持ちが沈む:

« 꽃샘 추위라던데 | トップページ | ビニール狂時代 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ