« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

今年は韓国行けるかも!

私、昨年は韓国へ1度も行かなかったので、今年こそsign01と思いつつ、誰と一緒に行こうかなと、目処がたたずにいたのですが……

先日、職場の似たような年かっこうの女性何人かで夕ごはん食べた時beer、韓国旅行20回を超えるという人がいて話が盛り上がり、その場にいた人たちで行こうかという話になりました。

まだ具体的には何も決まっていませんが、楽しそうなメンバーです。韓国語musicやってる人はあまりいないみたいですが…それはきっと何とかなることでしょうhappy01

2011年6月25日 (土)

紫陽花が咲きました

0302_2

2011年6月 8日 (水)

악기들의 도서관 いよいよ翻訳です

地元大学の先生がお声をかけてくださって始まった韓国の現代短編小説を読む会。その読書会で最初にみんなで読んだ本が、김중혁さんの「楽器たちの図書館」でした。韓国語の小説について何の知識もない私にとっては、初めて読んだ現代短編小説。幸い読みやすく、とても面白いお話でした。

その「楽器たちの図書館」を、いよいよ「ぽにょっ会」で翻訳することになりました。
NHKテキストとはどんな風に違った訳になるのか、それがまた楽しみです。

「ハングルの誕生」~音から文字を創る

先日講座を受けた記念に~野間秀樹先生のお書きになった「ハングルの誕生」という本を買いました。

0359_2帯に「ハングルという文字を創り出すこと。そこには単に〈文字〉をめぐる問いを超えた、〈書く〉という営みや〈書かれるもの〉、即ち〈エクリチュール〉ecritureをめぐる、あるいは広く人間の〈知〉をめぐる巨大な問いが横たわっており、ハングルの誕生が〈知〉をめぐるドラマでもあったことがわかるであろう。」とあります。

ハングルがどのようにしてできたのかについては興味があったので、少し詳しく知りたいと前から思っていました。

結構細かい字で368ページもあるので、最後までおもしろく読み終えることができるといいなと思います。

2011年6月 5日 (日)

韓国語教師研修に参加してみました!

この週末、韓国文化院世宗学堂主催の韓国語教師研修が開催されたのですが、急に思い立って出席してきました。

特にお目当ては、野間秀樹先生の授業だったんですよね。2004年の7月から9月にNHKラジオで放送された先生のシリーズが感動的に良かったので、ご本人にお会いできるなんて素敵と思い、それだけでも参加する価値があるのではと申し込んだのでした。

内容は予想以上に良かったです。授業は先生と生徒が知的好奇心を共有するものでなければいけない。そうおっしゃる先生の授業は、本当にとっても面白くてためになり、引きこまれていきました。なぜ7年前の先生の講座に私がはまってしまったかのなぞ解きをされているようでもありました。

やっぱり言語学のきちんとした裏付けのもとに作られた教材で行われる授業は違うんだろうなあと思いました。巷にあふれる韓国語の講座の中には、この点からいうとかなり??なものもあるそうで、そうかもと思わずにいられませんでした。韓国語を勉強しようという気持ちが久しぶりに戻ってきた感じだったのと同時に、今の私の実力で、まだまだ教えるなんて恥ずかしいとも思いました。

野間先生以外の授業も、教案の作り方やOPIの評価をとりいれた授業方法、模擬授業など面白い内容で、参加して良かったと思いました。

2011年6月 3日 (金)

鬼のパンツ

テラさんのブログを読んでいて思い出した、ちょっとおもしろい方位の話をご紹介しますね。

子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥
十二支は、それぞれ方位に対応しています。
時計の文字盤のように北から始まって子、丑と並べていくと12個でちょうど一周しますよね。

さて、おとぎ話に出てくる鬼は丑寅の方角に住んで居ます。だから鬼は、丑の角を持ち寅の皮模様のパンツを穿いているんですって。
そして、もも太郎が鬼退治にいく時に家来として連れていった猿、雉、犬は、それぞれ申、酉、戌に該当しますが、これはちょうど丑寅の方角と反対側に位置する干支で、鬼と対峙しているってことなんだそうです。

おとぎ話って深いですconfident

2011年6月 1日 (水)

こんなところが聞きとれませーん

ミレの通信を始めたと先日書きましたが、받아쓰기で聞きとれなかったところを悔しい気持ちを忘れないうちに、ちょっと書き出してみますねweep

課題記事の内容は、「名門校に進学するため、中学入学直前に江南地域などの小学校に転校する子供たちが増えている。しかし、内申書重視など評価方法が変わってきているので、転校が逆効果になる場合もある。」というもの。

특목고[틍모꼬]   (특수목적고등학교) 特殊目的高等学校
자사고 (자율형 사립 고등학교)     自律形私立高等学校
 こういうのは、略語を知らないと分かりませんよね。

묻지마 전학가는               むやみに転校する
묻지마식 전입은               むやみな転入は
 묻지마 初めて見ました。辞書にもないし・・・覚えましょうsign01

두 반 늘어                    2クラス増えて
 두 반으로 と聞こえました。意味が通じないなと思いつつも・・・coldsweats01

위장전입도 암암리에 이뤄지고     偽装転入も暗々裏に行われ
 위장は思いつかなかったし、암암리에は初めて出会う単語です。

안걸리게끔                                        引っかからないように
자기주도학습전형               自己主導学習選考
불가능해진다                  不可能になる

普段接していない内容だと聞きとるのはぐっと難しくなりますから、
いろいろな分野のものを幅広く聞いていかないとね。

続きを読む "こんなところが聞きとれませーん" »

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ