« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

2011年8月 1日 (月)

通訳案内士2次試験前夜のこと

このところ、2年前位のまだ韓国語学習を頑張っていた頃coldsweats01の記事をいくつかUPしています。まことさんの掲示板にリアルタイムで書き込んだものがもとで、一応こちらに韓国語学習バックナンバーとして残しておこうかと思って編集しています。以下は、2009年通訳案内士2次試験当日に書いたものです。

通訳案内士試験、幸い「一般常識」は合格し、今日、東京で通訳案内士の2次面接受けてきました。10時受付開始だったので昨日はホテルに宿泊しました。

さて、当日の今日、昨日とは打って変わっての良いお天気で、睡眠不足にもかかわらず、なんとか気持ちはさわやかに試験会場に向かいます。結局私の面接は11時50分からで、おそらく正味10分足らずだったと思います。待っている間、ひたすら持って行った予想問題・回答(自分で作成)を口を動かしながら読み続けていました。ついに自分の順番が来て入室した際には、かなり緊張していました。

というのも、

この2か月間、それなりに過去問でシミュレーションをしていたのですが、昨日になって超不安に陥ってしまったのです。今は東京在住の私の恩師に昨日直前の模擬面接をやっていただいたところ、あまりにもひどい出来栄えに、「ゆうさん、いったいどうしたんですか?」とあきれ顔、やればやるほど気持も委縮してきて悪循環に。しかたないので、「おなかがすいてて頭が働かないのかもしれない。」ということにして、夕食タイムに。食事後に気持ちを取り直してやった再挑戦は少しはましになったような気もしたものの、「当日の朝は最低1時間、できれば2時間音読すること」という宿題までもらってしまったのでした。いやはや、いったいどうなることやら。

さて、入室してみると、試験官は何と!NHK講座のイ・ユニ先生(だと思う。)ではありませんか。そして、結果は?・・・わかりませんが^^; 
面接は、終始和やかな雰囲気の中で気持ちよく進み、終わったのです。すごーく感じのいい先生でした。

質問の内容は、韓国語を始めたきっかけ、勉強方法、通訳ガイド志望動機、日本のお城についての説明、日本に地震が多いわけ、地震についての政府等の対策、ガイド中に地震が起きた場合の対応、などでした。何とか沈黙してしまうこともなく話をつなぐことができ、それなりには言いたいことを言えたのではないかと思います。

尤も、質問の意図を取り違えていなかったか、とか、言葉の選択が正しかったか、などについてはあまり自信がなく、対応はやさしかったけれど、採点は厳しいということもあるし、などと心配は尽きませんが。

発表は2月5日とか。長いですねえ。

楽器たちの図書館② 112ページ10行目~114ページ16行目

2番バッターのゆうです。担当箇所は、「事故後、酒(ワイン)びたりwineの僕だったが、ある日、ワインを買いにいった大型ディスカウントショップで偶然楽器が目に入ったのをきっかけに、楽器店巡りを始める。」というところ。

最初の段落で、「人生において、全然関係がないように思えていたいろいろなできごとが、ある日、ひとつの糸で結ばれていることに気づくことがある。実はそれらすべてが、ひとつのことに向かう過程であるのだ。」という箇所が出て来ます。この部分は作者がこの作品でいいたかったことの一つではないかと思いました。

翻訳で難しかったところ、悩んだところは、

one112ページ10行目 할인매장「ディスカウントストア」
  割引している売り場だけれど、デパートなどの「割引コーナー」ではなくて、「大型ディス カウントストアー」とか「アウトレットモール」のことかなと思いました。ワインも売っていて、エスカレーター途中で楽器店が目に入る、テナントがたくさん入っている大きなお店。

two同8行目 줄「糸」  줄って糸というよりは、紐、ちょっと太い感じがしますが、敢えて「糸」としました。人と人との「絆」や事柄と事柄の関係を意味していると思うのですが、日本語では運命の糸とかいうので。「絆」でもいいかもしれませんね。

three113ページ2行目 오른쪽으로 고개를 돌렸다.  「頭を右に向けた」
  「右側に首をまわした」じゃ日本語として不自然な感じなので、こう訳してみましたが、まだこなれない日本語ですよね。鏡を見たくないので「顔をそむけた」んですよね。「顔を右側にそむけた」でもいいでしょうか。

four同 난간에서는 「手すりには」
  いったいどこのことを言っているんでしょうか。エスカレーターの手すり?手すりの下の部分?両脇に広告ポスターなどが貼ってある場所?クリスマスオーナメントはどこに飾られているのでしょうか。

five同15行目 「音楽は魂で演奏するものであって、楽器で演奏するものじゃないよ。と彼女に向かって突っ込みをいれたが、音楽について露ほども知らない僕がいう言葉ではなかった。」に修正。突っ込みをいれたのは僕ですね。

six114ページ1行目 소리가 날 것이라는 예상은 할 수 있지만 실제로 거기에서 소리가 날 것이라고 장담은 할 수 없는  これいったいどんなバイオリンですか?

楽しく翻訳しました。誤訳もいろいろあるかも知れませんので、お気づきのところは教えてくださいね。それから、みなさん訳された感想や苦労されたところなどもお互い情報交換よろしくお願いします。

 

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ