« 오정희さんと김중혁さんの作品を | トップページ | 『韓国現代作家との対話in NIIGATA』レポート②~午後の部 »

2011年12月12日 (月)

『韓国現代作家との対話in NIIGATA』レポート①~午前の部

10日(土)に新潟県立大学で開催された『韓国現代作家との対話in NIIGATA』に行って来ました。期待していた以上の充実した時間で、とても幸せな1日でしたheart04

まず、오정희さんと김중혁さん、この組み合わせが参加者にはラッキーで、よけい興味をそそるシンポジウムになったのではsign02と思います。
오정희(여)さんは1968年にデビューし、今では文学賞の審査員を務めていらっしゃる韓国文壇の大御所とも言える方で、深みのあるお話を。片や김중혁(남)さんは、映像もデザインもこなす、韓国文学の新時代を担う新進気鋭?の作家でユーモアのある楽しいお話をしてくださいました。

作家の紹介の後、오정희さんは『중국인 거리』、김중혁さんは『악기들의 도서관』と『엇박자 D』の朗読を。오정희さんの朗読は、韓国語を見ながら聴いていたのですが、対話の時とは随分違った話し方をされ、流れるような美しい旋律を聴いている感じでした。こんな風にして朗読を聴くというのは、自分で本を黙読した時とは、また全く違う新しい感動ですね。それからキム・ジュンヒョクさんは、朗読用に動画(映像と音楽)も作ってきてくださり、小説はあらかじめ何度か読んでいたので、映像を見ながら聴いたのですが、朗読が始まったとたんに、私ぐっときてしまいました。声がとっても素敵です。

会場の階段教室には、参加者の方が、学生さんから70代位の方まで各世代まんべんなく、そうですね、60~70人位集まっていらっしゃったでしょうか。後でお聞きすると、遠く大阪、愛媛、山形、群馬、千葉、東京などからも参加していらしたとのことでした。やはりNHKラジオ講座で勉強されたファンの方々が多かったようです。

会場からの質問タイムでは、
・小説を書くとき、朗読されることを意識して書くか。 という質問に、
 오:韓国では朗読の習慣はなかったから、意識してはいない。外国の方式を取り入れて、最近始まったこと。伝統的には、詩の朗読が盛ん。私の小説でも韻を踏むということはある。
 김:私の文章は美しくない。文章よりは内容を伝えたいから。(김중혁さん流の照れ?)
と、ちょっと意外なお答でしたconfident

他にも、
 
・影響を受けた作家はいるか。
・小説を書く時、あらかじめ全体の構成を考えて組み立てるのか、それとも一つの印象に残るできごと、ことばなどが先にあって、それを中心に発展させていくのか。 

などなど、会場からの質問もたくさん出て、そのひとつひとつにとても丁寧に答えてくださいました。(続く)

« 오정희さんと김중혁さんの作品を | トップページ | 『韓国現代作家との対話in NIIGATA』レポート②~午後の部 »

韓国語」カテゴリの記事

コメント

ゆうさん、先日はありがとうございました。
とても充実した内容でしたね。

お二人とも、招かれたから来たという感じでは全くなく
楽しんでいるようすが伝わってきて、楽しい気持ちで過ごすことができました。

あたたかい笑いにあふれていたのが、何よりもよかったですね。

ゆうさんにもご挨拶できて良かったです。
今後ともよろしくお願いします!

サトコさん
こちらこそ、ありがとうございました。
事前にお約束もしていなかったけれど、会場にいらっしゃるはずだ!と
大きな荷物をお持ちの方を探しましたhappy01
お会いできて、本当に良かったです。
あんまりゆっくりお話もできませんでしたが、
韓国語を続けていれば、またどこかでお会いできることと思います。
これからも、よろしくお願いします。

ゆうさん、レポートありがとうございます。
お二人に会うのがすごく楽しみです。
質問タイムがあったんですねぇ。
あーもうわくわくして仕事が手に付かないかも><
続き楽しみにしています^^

キム・ジュンヒョクさん
本当に優しくて面白い方のようですよ。
ふにゃさんのレポートも楽しみにしていますheart04

キム・ジュンヒョクさんの朗読ステキだったのですね。。。聞きたかったですね。
私は翻訳しつつも、実は本というものにあまり興味がなかったので、作家の対話?おもしろいのかな?という感じだったんですcoldsweats01

私が飲んだくれていた日に・・・
反省して、もう少しまじめに韓国語勉強しようと思いますsweat01

テラさん
先生方がとても一生懸命にお話をしてくださっているのが伝わってきて、
しかも、サトコさんがおっしゃるように、先生方も楽しんでいらっしゃる感じで、
会場全体がとてもよい雰囲気に包まれていました。

テラさん、韓国語友達と飲んだくれていたことは、良いことだsign03
反省の必要なしよgood

でも、韓国語の勉強は、これからもまじめに続けたいものですね。
お互いにbook

ゆうさん

こんにちは^^ 昨夜池袋のイベントに参加してきました。こちらでも朗読されました。映像も流れたので、多分同じかな~
素敵な時間でした。

池袋で「新潟」と何度か話題が出てきましたよ^^

新潟でのお話し、かなり興味深いお話だったのですね。
午後の部の内容も楽しみにしてます

ゆうさん、レポートありがとうございます。
映像と音楽を作ってきてくれるなんて、ほんと、ジュンヒョク作家らしいですね!
文章よりは内容を伝えたい、というのも何か納得できる気がします。
オジョンヒさんの、小説でも韻を踏むことがある、ていうのとは対照的ですね。

ippoyoさんとふにゃさんは、東京のイベントに行かれたんですね。羨ましいです~。

続きのレポートを期待して待っていますheart02

私も飲んだくれていた日に・・・(苦笑)
行きたかったので、レポうれしいです。
波多野先生にもオ・ジョンヒさんにも会いたかったです。

ジュンヒョク作家はキュートな人でしたね。
東京でもステキな映像と朗読と、プラスハンサム(金ケイタさんのファンもいらしてました)
を楽しみました。

ippoyoさん
新潟でもね。池袋のイベントの話をされ、
『K-POPの次はK-文学でしょう!』って感じのすごく大げさな
キャッチコピーになっていて、どうしていいかわからないsign02
と、キム・ジュンヒョク氏大いに照れるの場面がありました。

キム・ジュンヒョクさんは同じでも、オ・ジョンヒさんとの組み合わせと
キム・ケイタさんとの組み合わせは、
相当違ったシンポジウムになったのではと思いました。

ひがなおさん
あらゆる点で対照的なおふたりでしたね。
それがまた、今回の催しの魅力だったように思います。
共通点は、とっても丁寧に、そして気さくにお話くださったこと。
お二人のお人柄が表れていました。

たまさん
池袋のイベントはまた違う雰囲気だったんではないかな、と思うので、
たまさんのレポートも楽しみにしていますね。
質問もされてたとippoyoさんのページで拝見しました。

たまさんは、どなたと飲んだくれてたのsign02

私は少年野球の納会でした。
男の子の母ちゃんばっかりでみんなとっても早食いでした。
昼間は子供VS母で真剣勝負だったんですよ~!

たまさん
子供つながりのお友達も、生涯通した仲良しになれそうですねheart

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/43355066

この記事へのトラックバック一覧です: 『韓国現代作家との対話in NIIGATA』レポート①~午前の部:

« 오정희さんと김중혁さんの作品を | トップページ | 『韓国現代作家との対話in NIIGATA』レポート②~午後の部 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ