« 韓流ツアー(有楽町~新大久保)楽しんで来ました。 | トップページ | 『調子っぱずれのD』 最初からp.253の10行目 »

2012年3月13日 (火)

風俗画~飴売りなどなど

『나와 B』のひがなおさんのパートで엿장수(飴売り)のお話がでてくるんですが、どんな格好で売っているのかなと興味をもってネットで探してみたところ、ありました、ありましたart何と、壇園・金弘道の絵『相撲図』の中に出ているではありませんか。

Danwonssireum

絵の左側中央、みんなが相撲に熱中している中、ひとり背を向けている飴売りの少年の姿が目を引きます。相撲を見に集まった人たちを相手に商売をしようとしているのでしょう。こんなして売っていたんですねsign01

この時代の飴売りは、チョキチョキとハサミの音をさせながら人寄せをし、飴を適当に切っては、鉄くずや古道具などと物々交換する、いわば廃品回収屋さんでもあったようです。
http://www.nishinippon.co.jp/hensyu/asia/viva-seoul/sketch/sk101.html
http://blog.goo.ne.jp/kaznet227/e/fc00e196e3fd3311ca3c84f4cbcc38ab

ちなみに、相撲はこの時代のとても一般的な娯楽で、端午の節句には、男は相撲、女はブランコというのが、当時の風習だったようです。

『風の絵師』というドラマは皆さんご覧になったでしょうか。私は以前見て、結構お気に入りドラマのひとつになっています。李朝22代王・正祖(イ・サン)の時代に活躍したふたりの画家『壇園・金弘道(タノン・キムホンド)』と『蕙園・申潤福(へウォン・シン・ユンボク)』の物語です。

金弘道と申潤福の絵をいくつかご紹介しましょう。まずは、金弘道。

Jumac_2

次に、申潤福の絵。

Img02

Img_230643_985529_3

Img_230643_985529_1

Img_230643_985529_2_2

筆のタッチが違いますね。
絵の解説は、『風の絵師』をご覧くださいhappy01

« 韓流ツアー(有楽町~新大久保)楽しんで来ました。 | トップページ | 『調子っぱずれのD』 最初からp.253の10行目 »

コメント

私も今日ちょうど韓国のお姉さんから飴売りの話を聞いたところでした。
城南市のモラン市場で飴売りの踊りが見られるらしいです。
ないものはないという大きな市場だそうですよ。ちょっと足を伸ばしてそんなところにも行ってみたくなりました。

風の絵師は私も好きなドラマです。ふたりの絵師の世界がさらに美しく再現されたような映像でしたよね。

あ、そうそう。風の絵師の中にこの絵がありましたね。相撲に関心ないみたいに売ってましたっけ。
私はドラマは見ていないのですが、原作を読んで非常に気に入りました。二人の絵もソウルで見たいな、と思うようになりました。カンソン美術館でしたっけ? 秋と春に公開されるとか。城北にあるそうですが行ってみたいです(^^)。

「風の絵師」はドラマも原作も大のお気に入りで、再放送を何回も見ちゃいます。
絵はどちらかというと弟子の申潤福派です。

先日神戸にある韓流ショップで金弘道の絵のIphoneカバーを見つけました。
(上から三番目の楽団の音楽にあわせて踊っている道化師)
思わず買おうかと思ったのですが、Iphoneを持ってないので断念しました。

因みに友人は韓国で申潤福の美人図のIphoneカバーを買ってきました。
羨ましい!!

飴売りの話題からはなれちゃってごめんなさい。

テラさん
城南市のモラン(牡丹)市場ですかsign02
飴売りの踊りが見られるなんて面白そうsign01
と思い、初めて聞いた名前だったのでちょっと調べて見ました。
犬肉を売っていることでも有名なんですね。ふーん。

『風の絵師』は、絵にまつわる解説、逸話などがいっぱいで、面白いですよね。

ハーちゃんさん
原作読まれたんですかsign02すごいscissors
カンソン(澗松)美術館所蔵の絵が多いんですね。
情報ありがとうございます。
次にソウルへ行ったら、是非絵を見てみたいと思います。
と言っても、1年に5月と10月の2週間ずつしか開館しない美術館とか。
何という美術館なんでしょう。

ゆひさん、こんばんは。
ゆひさんも『風の絵師』のファンなんですね。嬉しいです。
上の申潤福の絵は、全部ドラマの中で解説されていますね。
私も端午の節句にブランコに乗り、髪を洗う絵なんかが気にいっています。
金弘道の絵は、小さな屏風になっているのを、
友達からプレゼントされたので、本棚に飾ってあります。
(私もIphoneないですからcoldsweats01

シニャンオエンなのんです~出遅れてしまいました^^;

原作は原書も翻訳本ももってます~翻訳者のサイン入り^^
原書は私にはハードル高すぎて、数十ページでリタイヤしてますが。。

シニャンさんもこの飴売りのシーンの所、いろいろ頑張って撮影してました~
みんなに評判良くて良かったです。
絵師の時、シニャンさん風邪ひいたりで大変だったから^^。

すみません

シニャンペンて書いたつもりが。シニャンオエン・・なんつう打ち間違え。
すみませんでした。

ippoyoさん
『pen』のつもりが『oen』。『p』と『o』は隣のキ―ですものね。어타っておもしろいですね、ふふ。

シニャンのペンなんですかsign02
ハンサム・・ってわけじゃないけど、『パリの恋人』『風の絵師』をみた後では、私も好きになっちゃいました。

『風の絵師』は原作も翻訳もあるんですね。知りませんでした。壇園と蕙園の関係もおもしろかったですが、時代の背景や、何より絵の紹介・解説、それを巡るお話の展開が面白かったです。先回の韓国旅行で水原の華城行宮に行ったときも、御真画師のエピソードをいろいろ思い出しました。

ゆうさん こんにちは^^
こうして背景を知ると、さらに面白いですね!

私も「風の絵師」大好きでした。
前回サムソン美術館に行ったときに、ちょうどキム・ホンドの特別展をやっていて、
その素晴らしさに、感動したのを覚えています。
国立中央博物館所蔵のもののあるようなので、
今回行ってみようかなーと思っています。

カンソン美術館は、シン・ユンボクの美人図なども見れるんですよね!
時期があえば、一度は行ってみたい美術館です。

はっちさん、ようこそ。
『風の絵師』よかったですよねsign01

金弘道の特別展artをご覧になったんですね。
実物はきっと素晴らしいんでしょうね。

それぞれの作品が、どこに所蔵されているのか調べたいな、
と思ったのですが、ネットでちょっと見てもわからずにいました。

国立中央博物館は、今度是非行ってみたいと思います。
半跏思惟像confidentもみたいですしね。
http://www.youtube.com/watch?v=xAWONv7Je34

カンソン美術館は、もう、時期を合わせて行くしかないみたいですね   tuliptulip

ゆうさん、こんばんはー。
はっちさん、実物をご覧になったんですねぇ。うらやまし(^^)。
あの、原作の中の絵それぞれにどこの美術館所蔵か、書いてあるんですよ。原作も素晴しいので、もし良かったらお読みになるとこの問題も解決かと(^^)。
なんだかまだ寒いですねぇ。春よ、早く来〜い!

またまた失礼。
たしか日本語版のほうにも書いてあったような記憶がありますよ(^^)。

ハーちゃんさん
ああ、そうなんですか。
原作を読むと原画がどこの美術館に所蔵されているかもわかるのですね。
情報ありがとうございます。
実際の絵を見たいきもちが高まっています。

そういうことであれば、まず図書館か書店で探してみますね。
読むかどうかはそれからの気持ちの流れに任せて・・・coldsweats01

これまで見て楽しかったドラマの原作に何度か挑戦したことがあるんですが、
実はお恥ずかしながら、難しくて読み切ったものがなかったんですよね。
やっぱり日本語版を探すのが正解でしょうかhappy01

ゆうさん、ご冗談を〜(^^)。
私なんか、ゆうさんの足元にも及ばない実力なんですよー。謙遜じゃなくて(^^;)。
もうね、何度辞書を引くことか・・・。
今も、たまさんおススメの本を読んでいるのですが、ちっとも進まないんです(泣)。
語彙が増えたらラクでしょうねぇ。ふぅ〜っ。

「風の絵師」 私も好きなドラマのひとつです。

こうして二人の絵を並べてみるとおもしろいですね!

新しい翻訳、がんばってください。

ハーちゃんさんも、ドラマの原作を読む時は、
結構苦労して読んでらっしゃるんですね。
そうか。ちょっと安心したりしてhappy01
例えば、たまさんのブログなんか見ると、
さらさら本を読み進むことができるみたいで、
ああ、どうしたら私もそうなれるのかな、なんてね。

私40代で始めた韓国語なので、
忘れることを厭わない、何度でも辞書を引くことを厭わない、
ってだけは決めて、これまで来たんですけどね。

読みとおした本は、絵本と小中学生程度の本とエッセイで、
小説は『楽器たちの図書館』が最初の1冊となる予定です。

はるさん
お久しぶりですね。お元気でしたか。

はるさんも『風の絵師』お好きなんですね。
どこまで実話なのかな、と思いながらも、
絵1枚1枚にエピソードがあって、印象に残りますよね。

ところで、はるさん
最近ブログのアドレス変更されましたか?
私の設定のせいなのか、アクセスできなくなってしまって・・・

ゆうさん、ステキな絵の紹介、ありがとうございます。
風の絵師、私もすごくいいなーと思ったドラマです。民放でカット版だったのでもう一度ノーカットで見たい~。
本物を訪ねてひとつひとつ美術館を巡る旅、してみたいです。

ひがなおさん
本当ですよね。本物を訪ねる旅、してみたいですね。

韓国のドラマでは、女性が性別を偽って男性の中でやってくお話が定番ですが、
どうみたって女性にしかみえなくて、それがちょっと困ります。
『風の絵師』の申潤福も、『コーヒープリンス』のウンチャンもhappy01

私も風の絵師大好きです。先日、韓国旅行へいったのですが、ドラマを見る前で、もっと早く見ていたら 美術館も行ったのにと 残念でした。
iPhoneカバーや作品集はどこで買えましすか?
ドラマのラストが 切なくて…もう会えないのでしょうか…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/44436445

この記事へのトラックバック一覧です: 風俗画~飴売りなどなど:

« 韓流ツアー(有楽町~新大久保)楽しんで来ました。 | トップページ | 『調子っぱずれのD』 最初からp.253の10行目 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ