« 風俗画~飴売りなどなど | トップページ | 韓国語教師研修 »

2012年8月30日 (木)

『調子っぱずれのD』 最初からp.253の10行目

な―んと3月以来の記事UPです。『ぽにょっ会』の皆さん、UPが遅くなってごめんなさい。

キム・ジュンヒョクの小説『楽器たちの図書館』をみんなでまるごと1冊翻訳しちゃいましょう、というプロジェクト!今回がとうとう最終回です。ここまで導いてくださったnikkaさん、テラさん、メンバーの皆さん、本当にありがとうございます。

20120728_071752_640x480

(テラさんが一針一針縫ってくださった『うるじましおり』です)

最後の短編『調子っぱずれのD』。この小説の中に、Dが、音痴のひとたちの歌う歌をワンフレーズずつ集めて編曲するプロジェクトが出てくるのですが、昨年の秋に、作家が来日しての対話を聴きに行ったとき、実際に作家が編集した「みんなの歌」を動画で見せてくださったんですよね。翻訳しながら、その時の曲の印象が重なりました。

学校時代うだつが上がらない、みんなに馬鹿にされていた『調子っぱずれのD』が、何と音楽の世界で成功します。音を通しての人と人との絆、はにかみながらそっとつながっていくような絆が、『楽器たちの図書館』全体を通してのキム・ジュンヒョクさんのメッセージかとも思いました。

さて、私の担当は最初の3ページ半ほど。結構難しい、訳しにくいところが多かったです。皆さんの訳や感想など聞かせてくださいね。

one まず題名の『엇박자 D』。何人かすでにコメントされていますが、これは『調子っぱずれのD』と訳しました。原語は、拍子が外れる人という意味だし、調子っぱずれは、どちらかというと音程が外れる人を指すのでしょうけれど、『拍子っぱずれ』というのは日本語の語彙としてあんまりなじみがないように思いました。また、『音痴』ってことばより、『調子っぱずれ』の方が、なんとなく温かい視線を感じます。文中にたくさん出てくるので、いちいち『調子っぱずれのD』とすると長いなあ、ちょっとうるさいかなあ、と思ったのですが、適宜Dと省略した方のコメントに、なるほどと思いました。『の』は入っていたほうが日本語らしいかな、と。

two p.249の最後の行‘왜요? 아는 사람이에요?’の왜요?がどういうニュアンスかなとうまく訳せませんでした。僕が何か知っているようなそぶりを見せたのかな、とも思って「えっ!この人知っているんですか。」としたのですが、「(表紙の人)知ってる人ですか。」って単に聞いたのかな、とも。その場合、왜요?は敢えて訳す必要ないのかしら。

three .250の8行目 널뛰기は、『ノルティギ(シーソー跳び)』としました。民俗村に行って実際ノルティギをやってみましたが、意外と難しいんですよ。案内してくれた韓国人の友達はさすがに上手に跳んでいました。こうした日本語に置き換えられない韓国特有のものが出てきたとき、皆さんは翻訳文にどの位盛り込みますか。それとも、注釈をつけますか。

four 同下から4行目 무릎을 치며 웃었다は、『ひざをたたいて笑った。』で、そのままなんですが、日本語だったらどういうでしょう。

five .2514行目 엇박자 세상을 뒤집기 위해 우리의 음악도 엇박자.コピーらしくすのしいですね『調子っぱずれの世の中を覆そう。僕らの音楽も調子っぱずれだ。』

six 同下から6行目 말랑말랑하고 뽀송뽀송한 상태 『気持ちが浮き立っていて、マリのように弾んだ状態』なんてしたんですけど、どうなんでしょう。말랑말랑はふわふわ・ふかふかした感じで、뽀송뽀송は、子供のほっぺのように柔らかくて瑞々しくきめ細かく弾力のある感じ。

seven .252の4行目 진한 화장을  늙은 창녀 같은 이미지「厚化粧をした老娼婦のようなイメージ」って。一時は一世を風靡したかもしれないけれど、今や廃れてしまい、厚化粧で精一杯とりつくろっているものの、誰からも相手にされなくなった娼婦のイメージ?

他にも、いろいろお気づきの点、感想などお聞かせいただければと思います。

 

« 風俗画~飴売りなどなど | トップページ | 韓国語教師研修 »

コメント

始めの部分は私も難しいな~ここじゃなくてよかったって正直思いましたwink

「俺の脳を溶かしてくれ」と「悲劇は始まっていた」いいですねgood

②の왜요? はドラマですごくよく耳にする言葉です。日本語だと「何?」というニュアンスですよね。この場面は、僕が映像を巻き戻させて、ある男に注目しているらしいことに対して、助監督が疑問を持って「どうしたんですか?」と尋ねたのだと思います。

③널뛰기と日本のシーソーは違う遊びで、飛び上がる感じが伝わらないのですが、シーソーでも意味が通じるかと思いました。

⑥は、私は脳の状態の描写だと思って、「ふんわりすべすべの状態」と訳しました。

250-6 난 또 무슨 소린가 했네.
ここはゆうさんと同じように「あ、まったく何かと思ったら」と訳したのですが、文法的な解釈がわかりません。教えてください!

あああsign01テラさん、冒頭のせりふ、僕なんですねflair
助監督のせりふだとすっかり勘違いしていました。
パンマルだし僕ですねcoldsweats01つながりました。
왜요?は、「どうしたんですか。知っている人ですか。」って意味ですねpass

確かにシーソーでも意味は通じますが、やっぱりノルティギを伝えたくて・・・

すると、말랑말랑も脳の状態を言っているんですね。「脳は健康で、ふかふかしていて、すべすべで」ってことなんですね。間違っていても、思いこんでしまうと抜け出せないです。

나는 '또 무슨 소린가?' 했네. で、僕は、「また、何のことだ?」と思ったよ。間接話法ではないかと思うんですが。テラさんの質問って、そういうことですか。

目からうろこがいっぱいdollar

fourなんですが、「膝を打つ」という日本語が辞書に載っていました。
急に思いついたり感心したりしたときの動作。とあります。
私自身、日本語であんまりなじみのない表現だったものですから。
そのまま訳せばいいみたいですねhappy01

今、庭に出て月を見上げて来ました。ぴかぴかでした。テラさんはあんな遠くに...(^^;)。

ゆうさんの文章は小説になってるんですよね。私が訳すと「ただ訳した文」になっちゃうんですねぇ。

p249の4行目の
 화면을 정지시켰다→画面を止めさせた
のところ、私は「画面を止めた」にしたのですが、その前の文を助監督の文だと思われたせいでしたか。

 왜요?は、あまり意味が無いことばだと思って、ゆうさんと同じく「え?」にしました。

 「ひざを叩いて笑う」は日本語でも使うんじゃないかな、と思います。私が古い人間だからかな(^^;)。

 난 또 무슨 소린가 했네は、ゆうさんと同じ解釈です。

 ゆうさんの担当部分、画面の中の描写や公演会場の描写など、むずかしくてうまく訳せませんでした。

 とにかく終わりましたね!

ハーちゃんさん
嬉しいコメントです。でも、私の訳こそ「ただ訳しただけ」みたいに思えて。特に会話のところはなかなか生き生きとした日本語にならずにため息がでます。ハーちゃんさんの翻訳、拝見したいなあ。

とにかく、終わりましたね!一度お休みしましたが、何とか1冊まるごと訳すことができて満足です。いえいえ、みなさんのブログへのコメントがなかなかできなくて・・・反省も。いつも、一番乗りで、とっても優しくコメントしてくださったハーちゃんさんにお礼をいいます。本当にどうもありがとうございました。

「ひざを叩いて笑う。」そういうんですね。翻訳はやっぱり日本語力が大切ですよね。

ゆうさん、おつかれさまでした。
最初の部分、難しかったですね。でも上手く訳されていると思います。
two왜요?はホントにドラマでよく聞きますね。たいてい字幕は「何?」になってますね。
three私は「シーソー」にしちゃったんですが、日本のシーソーは座ってますから、ちゃんと伝わらないですよね。ゆうさんの表現がいいと思います。「跳び」をくっつけるとわかりますね。
four「膝を打つ」「膝を叩いて笑う」はたしかに日本語表現としてあることは知っていますが、私もなじみがないです。翻訳調って感じがする気がします。
fiveゆうさんの訳、コピーらしくていいですね。あえて2文に分ける、ていうのは考えつきませんでした。
six脳の状態のことだと思って「ふわふわすべすべの状態」としました。
seven私も同じように考えました。一時期流行った「夢幻的・幻想的なロック」ってどんな音楽なのか…。キング・クリムゾンみたいなのかと思いますが。

そのほか、「溶かしてくれ」→全く同じ訳でした。
その3行前、스산하게 を、私は「もの寂しく」にしました。

終わりましたね。ほんと、満足感があります。
次の企画が楽しみです。

ひがなおさん、書き込みありがとうございます。
とうとう1冊まるごと訳し終えましたねshine

threeノルティギは、思ったよりずっと
タイミングをとるのが難しいです。
トランポリンみたいに弾むわけではないので、
うまく飛び上がれないんですよねwobbly

fiveひがなおさんはどう訳されましたか?
コピー以前に、実はこの文章の意味を正確につかんでいるか不安です。
スミレレさんのブログで、ひがなおさんがおっしゃっているように、
「音痴って概念は、見方によって覆されるものなのだ
(それを証明してみせよう!)」といいたいのかな、とおもうのですが、
すると、
「엇박자 세상」というのは、「世の中の調子っぱずれに対する概念」、
「우리의 음악」というのが、「調子っぱずれだけど美しい音楽」、
では「를 위해」「도」というのは何?とちょっともやもや感が残ります。

1冊訳し終わった打ち上げ、やっぱりやりたいですねheart04

こんばんは。コメントが遅くなり申し訳ないです。

②の「왜요?」は私も同じく「え!」としました。「왜요?」はドラマでもいろいろな字幕がありますね。「何なのよ」というのを見たことがあります。

③널뛰기は「ノルティギ」にして訳注をつけました。後ろに「選手」という言葉が出てくるので、単なるシーソーでは分かりにくいかなぁと思って。
ノルティギ、体験してみたいです。

⑤、2つに分けて上手だなぁと思いました。「엇박자 세상」というのは、「世の中の調子っぱずれに対する概念」ではなくて、「調子っぱずれたちの世界」のことで、「우리의 음악」は「調子っぱずれではない(まともな)自分たちの音楽」のことを指していると思いました。調子っぱずれの世界を逆にすれば、まとなものも逆になって調子っぱずれになる、そういうことかな?

⑥、海辺で気分が解放されている様子がよく分かっていいですね。
私は「뽀송뽀송」のいい訳ができず、「말랑말랑하고 뽀송뽀송한 」で「ふわふわ」としてしまいました。

細かいのですが「전기기타」は「エレキギター」の方が雰囲気が出るかなぁと思いました。あと、「녹이고 싶구나」は「溶かしてやりたいぜ」としました。

왜요?ですが、私は文章を飛ばしてセリフだけで考えて、
「そこ止めて!そう、そこ!」「なんでですか?~」
と、単純に質問したように訳しました。
確かに、半ページも状況説明の文章が続いて、しかもサラサラ読み進めているわけでない私達には、ハテナにもなりますよね(笑)。

ノルティギは、私も注を付ける方に一票!です。
あと、コピーの部分。私もだいぶ苦労した痕跡がありましたが(笑)、
「調子っぱずれなこの世界をひっくり返すのは 調子っぱずれな僕らの音楽」
と書いてありました…なんでしょうねこれ^^;
でも、↑のスミレレさんの意見はすごくわかりやすいですね。
こういう部分、作家さんに聞いてみたいです…聞けるものなら。

今回もおつかれさまでした~!

スミレレさん、書き込みどうもありがとうheart04

fiveはあ、なるほど・・・前半はやっぱりそうですよね。全体の意味としてもそういうことになるのかな。・・ただ、뒤집기 위해 いまいちぴたっとこない自分がいて・・・しつこくてごめんなさいm(_ _)m 

エレキギターsign01そうそう。スミレレさんや他の方の訳を読んで、ああ、そうだなあ、って思いました。ただことばの置き換えで訳していて詰めが甘いというか、これは日本語で言ったらなんだろう、って考えなければならないところで失敗しているのが多いです。

『楽器たちの図書館』終わりましたけど、これからもよろしくお願いしますheart04
スミレレさんのブログにもおじゃましますねhappy01

おけいはん。さん、ようこそheart04

fiveのおけいはん。さんのコピー、いいですねsign01

ところで、キム・ジュンヒョクさんが11月に来日されるとのこと、
今から再会を楽しみにしています。
まるごと1冊訳した私たちですから、感想やわからなかったことなど、
シンポジウムなどの機会にいろいろお聞きできるといいですね。

その時、オフ会をするというのもいいかもしれませんbottle

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/46884410

この記事へのトラックバック一覧です: 『調子っぱずれのD』 最初からp.253の10行目:

« 風俗画~飴売りなどなど | トップページ | 韓国語教師研修 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ