« 赤いスプーン | トップページ | iPS細胞 »

2012年10月 3日 (水)

김중혁さんのインタビュー

キム・ジュンヒョクさんの『楽器たちの図書館』がCDブックになりました。韓日対訳と、作家本人の作品朗読が入っているようです。

プロモーションビデオもできたようですね。『김중혁さんのインタビュー

※追伸 10月8日

今日、CDブックを買ってきて、さっそく聴いて見ました。この作品は、私が初めて読んだ韓国の現代短編小説だったし、読んでいっぺんに気にいった思い出の作品でもあります。NHK講座のキム・ケイタさんの朗読も録音したけれども、最初から最後まで通して録音したCDがあったらいいなと思っていたところでした。

やっぱり、キム・ジュンヒョクさん自身の朗読は格別です。作者本人の朗読で聴く短編小説っていう企画は素敵ですね。おまけにキム・ジュンヒョクさんのイラスト入りのテキストもついています。NHK出版の回しものではありませんが、興味ある方はお求めください。

録音の最後にキム・ジュンヒョクさんのメッセージが入っています。小説を書く作業は狭い録音室で朗読を録音するのと同じように孤独だ。でもその小説が誰かに届くことを考えると楽しい。とおっしゃっています。

« 赤いスプーン | トップページ | iPS細胞 »

韓国語」カテゴリの記事

コメント

プロモーションビデオ見ました!
面白いですね。
すごくオープンな方なんだなあ~think

nikkaさん
ね、そうでしょう!
ユーモア感覚があって、ちょっとシャイでいたずら好きな少年のような感じdenim

ゆうさん、紹介ありがとうございます。
NHK出版、頑張ってますね。ジュンヒョク作家、ほんと少年のようです。
日本の読者にも韓国の読者にもメッセージは同じ、ていうのがなんか嬉しいです(*^-^)

ひがなおさん
コメントありがとうございますnote
昨年、お話をする機会がありましたが、いいひとですheart04
ビデオでは、しっかりPRもされていましたねhappy01

書店でもう売っているでしょうか?
「作者が朗読するのが一番」っていうの、わかりますね。
「買って」っておっしゃってるから買わなきゃね(^^)。

잘 봤습니다,고마워요^^

最近よく聞くpod castingで、ジュンヒョク作家の鼻息が荒いって話題なんですが、
その辺はどうなっているのか楽しみです。
東京でも作家にお会いできそうなので待ってます~。

fbで紹介させてくださいね。

ハーちゃんさん
書店でもう発売していました。さっそく買って聴いてみましたよmusic
声の感じもとてもいいです。録音って、途中でつかえたり、
声優だってたいへんだと思うのに、ナイスチャレンジだと思いました。

「買って」っておっしゃってるから買わなきゃね(^^)。

たまさん
鼻息が荒いsign02そうなんですかhappy01

幸い、きれいな朗読で、雑音はないみたいです。
NHKの録音技術が素晴らしいのかもしれません。

東京会場は、きっと大勢の人が集まるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/47301684

この記事へのトラックバック一覧です: 김중혁さんのインタビュー:

« 赤いスプーン | トップページ | iPS細胞 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ