« 韓国現代小説との出会い in Niigata | トップページ | 久しぶりの韓国語学習 »

2012年11月25日 (日)

韓国現代小説との出会いin Niigata その2

我らがキム・ジュンヒョクさんは『マニュアルジェネレーション』を朗読してくださいましたbook東京、大阪では『楽器たちの図書館』を朗読されたから、『マニュアルジェネレーション』は新潟だけだったようですね。で、あんまり練習していないからうまく読めないかもしれないと、발연기をする役者のようだと、はにかむ少年のように大いに前置きをたくさんして読んでくださいました。

발연기という単語、皆さんご存じでしたsign02大根役者といった程の意味で、演技が下手な人のことを言うそうです。

キム・ジュンヒョクさんはぼおっとしている時間が好きで、トイレと朝のベッドとシャワーの時にぼおっとしているとアイデアが浮かぶのだそうです。作家は엉덩이で小説を書くと言うそうです。ずっと原稿用紙に向かう(今はパソコンに向かう)姿を言ったことばですが、キム・ジュンヒョクさんは등で小説を書くのだとか。つまり寝そべってhappy01

いつもユーモアたっぷりです。

20121202_093238_600x800

※これは『楽器たちの図書館』の巻末にあるキム・ジュンヒョクさんからのメッセージのページです。カセットテープのケースラベル、A面に4曲、B面に4曲それぞれの作品の名前があるのが見えるでしょうか。イラストの『5』の数字は5刷の意味です。

シン・ギョンスクさんは、故郷の全羅道・전읍のことを話してくださいました。雪深い田舎で、四季の変化が美しく、豊かではない暮らしだったけれど家族との情にあふれた思い出深いところだとのことです。春をまつ心などはまるで私の故郷と同じと、なつかしい気持ちになりました。

70年代に書かれた『離れ部屋』(原題は『외딴방』、この題名の翻訳はちょっとどうなんでしょう。)と、2010年の『母をお願い』を読むと、シン・ギョンスクさんの世界、そして韓国の普通の人の暮らしぶりとその変化がよくわかるそうです。

『외딴방』は、集合アパートで暮らす女工さんたちの生活が描かれているのですが、自殺したオンニの部屋が、建物の構造的に『離れ』になっているわけではなく、心理的な疎外感を表す意味でこういう題名をつけたとのことでした。

『엄마를 부탁해』は、世界29カ国で出版され、アメリカ等でベストセラーになっている作品。第3章が「オンマは知っていたのだろうか。自分にも生涯オンマが必要だったということを。」で終わるのですが、ここを読んだ時胸がいっぱいになって涙がこぼれそうになりました。

で、今年も自分が読んだ本にお二人からサインをいただいて、直接いろいろとお話できたので大満足でした。

東京フォーラムのことについて書かれたブログをいくつか紹介します。

ippoyoさん http://blog.goo.ne.jp/ippoyo/e/ee43946f0dc736badef505d6bfb8ee7e

« 韓国現代小説との出会い in Niigata | トップページ | 久しぶりの韓国語学習 »

韓国語」カテゴリの記事

コメント

キム・ジュンヒョクさんは多才なかたですよね(^^)。イラストも味があるし...。

たまさんに「楽器たちの図書館」の日本語版を送ってもらったので昨日から読み始めました。

やっぱりプロの翻訳家のかたは上手ですね(当たり前ですね)。

でも自分たちで苦労して訳すのも良いものですよね。

もう少し時間ができたら、原書と日本語版を読み比べてみます(^^)。

ハーちゃんさん

先日はお会いできず残念でした。
今度ハーちゃんさんのお家の近くで開催はどうだろうかという話も
出ていました。近いうちにお会いできますように。

さて、キム・ジュンヒョクさん本当に多才ですよね。
ハーちゃんさんのお持ちの原書は第何版ですか?
작가의 말のページのイラストなんですが、
版ごとに違うイラストなんですよ。
私のは5版だから数字の5が入っているイラストです。
遊びごころがありますよね。

波田野先生と吉原さんの翻訳は、やはりさすがだなと思います。
さりげないところで自然な日本語になっているし、
私のにがてな会話文を見比べるといろいろと勉強になります。

翻訳って難しいけれど、だから楽しいですよね。

ゆうさん、こんばんはー。
東京も今日は寒い1日でした。最高気温が8.5度で、真冬並みだったそうです(^^;)。
私の持っているのを見てみたら「1판 7쇄」でした。版ごとにイラストを描いていらっしゃるんですねぇ。
本当にゆうさん、ひがなおさん、テラさんが遠くからいらっしゃったからお会いしたかったです。
クルマでしか移動できないので夜はちょっとキビシい感じなんですね。昼間の新大久保までなら行けます(^^)。パーキングメーターの場所も知っていますし。
次回は是非。あ、それまでに副作用ですっかり減ってしまった髪の毛が元にもどっていますように(^^)。

ハーちゃんさん
版によってではなくて、刷によって違うイラストでしたねcoldsweats01

次は、昼の新大久保でお会いしたいです。
それまでにお身体大切になさってください。もりもり食べてたくさんおしゃべりができるようにup

작가의 말のイラスト、今まで気づきませんでした!
2年間も訳しながら何をしていたのでしょう。
その次のページにはジュンヒョクさんのメッセージも書かれていたのに。。。

私のは6刷でした。
みなさんのイラストが気になります。。。

テラさん
作家のイラスト、上にUPしておきました。第5刷です。次のページのメッセージでは、8編の小説は、8曲が入った録音テープでキム・ジュンヒョクさんから読者への贈り物だとおっしゃっていますねhappy01
そう言えば、このページ翻訳しなかったですね、私たち。

イラストの隠れた数字(隠してもいないか)には気づいていたものの、その意味はたまたま他の人の本を見て自分のと違っているので初めて知りました。sign01

こういうところもいたずらっこみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/47940717

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国現代小説との出会いin Niigata その2:

« 韓国現代小説との出会い in Niigata | トップページ | 久しぶりの韓国語学習 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ