« 이철수 卓上カレンダー 3月 | トップページ | 新潟清酒達人検定 »

2013年3月25日 (月)

北東アジア環境シンポジウム

スーパーサイエンスハイスクール事業の一環で開催された『北東アジア環境シンポジム』に通訳ボランティアとしてお手伝いしてきました。ロシア、中国、韓国からも高校生チームを迎え、高校生同士が英語で科学の研究発表と意見交換をする企画。地元大学の理学部の教授陣も、フロアから質問やコメントをします。

私の高校生のころには考えられなかったこと。正直とってもうらやましく、発表を感動しながら聞いていました。ホスト校の地元高校では、昨年アメリカ東海岸に研修旅行にも行き、NASAやハーバード大学などで交流もしてきたとか。今の子供たちは恵まれてますね。ああ、私が高校生のころにこんな事業があったらどんなによかったか。(ちょっと嫉妬してしまいそうでした。)

0006970200035719s

私がボランティア通訳でついた韓国チームは、若い生物の先生と発表する高2生(といっても新学期が始まったばかりだから、日本の高2生よりは1歳若い子たち)男の子ばかり3人で、礼儀正しく感じがいい人たちで、お昼の時間などに少しおしゃべりもできました。前日にはホスト校で数学と書道の授業を一緒に受けたり楽しく交流もできたようでした。肝心の通訳の方は、何とか意志疎通のお手伝いにはなったと思いますが、かなりたくさん間違ったり、あやしい韓国語で乗りきったりして冷や汗ものでもありました。ああ、やっぱり日頃のお勉強が大切なんだわと、いまさらながら・・・

« 이철수 卓上カレンダー 3月 | トップページ | 新潟清酒達人検定 »

コメント

ゆうさん、かっこいいですねshine
このシンポジウムは英語でしょ?
語学に長けている人は本当にうらやましいです。

ソウルに行ったり、きれいな韓国語を話す女優を見たりして、やる気スイッチが入りました。
しばらく休んでいた音読再開します。
やっぱりしゃべれないと意味がないような気がしてwink

テラさん
違うんです。英語で発表する高校生たちはとってもかっこよく、
そして通訳なしのシンポジウムは私からみたら画期的ですが、
そこでの私の出番はないのよねcoldsweats01
自分でも聞いて楽しんでいただけ。

事務局からの連絡事項や、
パネル展示を見ながら説明員の方とのやりとりを日韓、
韓日通訳したり、といういわゆる団付き通訳でした。

で、シンポジウム後韓国の先生からいただいたメールが英語なの。
それはいいんだけれど、
返信を韓国語でしたらとても喜んでいらっしゃいました。
韓国語ができないんだ!と思われていた気もして複雑。
会話は大切ですhappy01

いやいや、やっぱりすごいですよ~。ボランティアとはいえ通訳できるなんて。
私は本は読めても聞き取りはさっぱりですsad
それにしても本当にいい企画ですね。これからの若者はどんどん国境を越えて活躍してほしいです。

ひがなおさん
ノーベル賞受賞するような科学者を育てようという政策が日本でも始まっているのでしょうか。
その昔、社会人になってから市民大学の講座で、地元大学の理学部の各学科が今研究している内容を、10回シリーズ位で勉強するというのがあったんです。私も受講して、とても興味深い講座だったのですが、こういう講座を高校生のころ受講したかったな、と思いました。
ボランティア通訳としてでしたけれど、このイベントに少しでもかかわれたことが嬉しかったですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/50801033

この記事へのトラックバック一覧です: 北東アジア環境シンポジウム:

« 이철수 卓上カレンダー 3月 | トップページ | 新潟清酒達人検定 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ