« 擬声語・擬態語 | トップページ | 北東アジア環境シンポジウム »

2013年3月18日 (月)

이철수 卓上カレンダー 3月

あっという間に3月も半ばを過ぎてしまいました。春の足音がもうそこに聞こえる季節ですね。イ・チョルスのカレンダーも3月です。

2p302gfriock3293551attachd1

3 

 평안하신지요?

 

봄비 오시는 날밤비도 좋네요!

가물던 뒤끝이라, 아직은 한방울로 흘리지 않고, 오는 대로 다 고스란히 흙에 스피고 있습니다. 단비지요. 봄비 다녀가고 꽃셈우위 온다지만, 흙속에서 기다리고 있는 생명들 거침없이 존재를 드러낼 겁니다. 준동하는 거지요. 그럴 때가 되었는 걸요. 어느 비에 젖어야, 봄생명처럼 거침없이, 온 존재를 아름답게 드러내고 열어 보이며 살아갈 수 있을까?

부끄럼도, 주저도, 두려움도, 그리고 게으름도 많은, 부끄러운 삶을 보드라운 봄비 속에 마른 화분처럼 내어 놓고 싶은 날.

3

心安らかにお過ごしのことでしょうね。

春の雨が降る日です。夜の雨もいいですね!

日照りの後だから、未だに一滴も流れることなく降るまますべて残らず土に吸い込まれています。恵みの雨です。春の雨が立ち寄って行き、花冷えがやってきますが、土の中で待っている生命はためらいなく姿を現すことでしょう。蠢動が始まるのでしょう。そんな季節になったのですね。雨に濡れてこそ、春の生命のようにためらいなく、全存在を美しくさらけ出し開いてみせ、生きていくことが出来るのでしょうね。

恥じらいも、ためらいも、怖れも、そして怠慢も多い慚愧の人生を、柔らかい春の雨の中に、乾ききった植木鉢のように出しておきたい日。

« 擬声語・擬態語 | トップページ | 北東アジア環境シンポジウム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

준동は「蠢動」と言うんですね!
ブログを始めてから自分の文章力の無さにホント参っています(前から知ってはいたのですが)。
春の雨という題材でこれだけの表現が可能なんだなぁ、と感心もし、もっと努力しなきゃと激励も受けたような気がしています。
ただ文章にする以前に、心が感じないとダメですよね。それを文章にするんですものね。
こちらはサクラが満開に近くなりました(^^)。

ハーちゃんさん
実は蠢動ということば今回初めて知りました。啓蟄は使っていたんですけど・・・。春になって虫がうごめき始める~そのまんま字になってるもんだから、ちょっと笑っちゃいますけどね。

文章書くのはいつもにがてですが、                  
ブログの文章はもっと難しいですね。アクセス数やお立ちより数が気になります。

人さまのブログには、いろんな分野にかなり詳しい情報をおもちでとってもためになるブログもあるし、日々の心の動きを素直にことばにされてみなさんの共感を集めているブログもあります。わたしのちっぷは、そのどっちもなくて中途半端な記事になっている気がします。おまけにぽにょっかいもお休みしていて・・・。
でも、いい文章読んでいると感性が磨かれたりするのかと思い、ちょっとずつ本も読んだりしています。

イ・チョルスさんの感性は好きです。

ハーちゃんさんは、本もたくさんよんでいらっしゃるのでしょう。
文学少女だったとか。         

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484354/50820812

この記事へのトラックバック一覧です: 이철수 卓上カレンダー 3月:

« 擬声語・擬態語 | トップページ | 北東アジア環境シンポジウム »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ