« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

デパートでお買い物*^^*

今日は久しぶりにデパートでお買い物をしました。夏の礼服と、ついでにワンピースとカーデガン、日傘も。

日傘は若い時から、若奥様みたいでちょっと憧れだったのですが、いつも荷物が多いのでこれまでは帽子ばかりでした。あのころはピンクのレースでしたね。だけど今は晴雨兼用の紫外線シャットアウトのあれ。黒地に刺繍がついたのにしました。

20130727_182923_225x300

このごろ朝ざあっと雨が降って日中は陽射しが強くなる日が続いていたので重宝しそうです。もう若奥様ではなく、おばさんですけれどcoldsweats01

ワンピとカーデもお披露目。

20130721_142327_225x300

2013年7月27日 (土)

박근혜 대통령が中国の精華大学で講演をしましたね

中韓首脳会談のため中国を訪れた朴槿惠大統領が、北京にある中国NO.1の精華大学の学生に向けて演説を行いましたね。

通訳勉強会の教材を探していて、青瓦台の演説原稿をみつけました(動画も別途あり)。

http://www.president.go.kr/president/speech.php?&cur_page_no=1&mode=view&uno=55&article_no=26&&cur_page_no=1

http://www.youtube.com/watch?v=6AZumT07M4k&list=UU1WuwBfSq3kJaBpFzzSFa0A

20分程の演説の最初と最後の4分間程を中国語で話しています。中国語はわかりませんが、かなりしっかりした発音だったそうです。三国志や水滸伝などの中国の歴史小説が、韓国でも子供のころから広く読まれていることを挙げたり、故事成語やことわざなどにも親しんでいる様子を話したり、中国の学生たちからみて親近感の持てるスピーチだと感じました。

Tbwb_board_p04_55_2

中国の学生には大変評判が良かったようで、ネットで話題になっているそうです。一国の大統領が外国の大学生、しかも確実にその国を担っていく指導者になるだろう若者の前で、しっかりとメッセージを伝えることは大きな意味をもつと思います。

朴槿恵大統領は日本よりは中国よりの外交を展開していると言われていますが、こうした動きを日本政府の偉い人たちはどうみているのだろうかと思いました。我が国の総理大臣にも日本が置かれている外交上の立場に対し危機感も持ちつつ、中韓を初めとする国としっかり付き合っていってほしいものです。

2013年7月13日 (土)

日本列島猛暑・・・とはいえ

今日は曇り空でそれ程耐えられないような暑さでもないみたい。今日から三連休、皆さんはどこかお出かけでしょうか。御家族でお友達と?あるいは庭の草花の手入れとか。

そんな連休初日なのに、どうしたわけか何にもする気が起きません。

4月の末に父が亡くなってから、趣味とか旅行とか、自分で楽しいこと見つけてするようなことがなあんにもできなくなってしまった気がします。やっぱり自分の極近い身内が亡くなるっているのは、いろんなことを考えさせられますよね。人生とか自分の来し方行く末とか。

それで気持ちが滅入っているのかな。

父と娘はやっぱり特別の関係だし、長い間の思い出もいっぱいあるから。そして親孝行できなかったなあという後悔もいっぱい。

亡くなる1年ほど前に入院してから、いや本当はもっと前からかな。いろいろなことがありました。特別私にだけっていうことではなく、誰でもいろいろな形で経験することなのだろうけれど。

週末は特別の仕事が入っていない限り、新幹線も使って片道2時間の実家へ行くのが習慣になっていて今日も夕方行って2泊することになっているのだけれど、何だかそれも結構気持ちの負担になっているこの頃です。

大学生の時から続けてきたお茶も、『犬散男』の翻訳も、大学の社会人むけ韓国語講座も、スポーツジムも、いつのまにかみんな止めてしまっています。やる気がひとつも出てこないんですよね。そんなことしてどうするの?何になるの?みたいな・・・。

仕事は一応普通に出勤してこなしているし、義務的なことなら家事も含めてそれなりにやれているんだけれど、自分で企画したりやりたくてやってたことなんかが全然ダメ。

あー、どうなっちゃうんだろう、私。

ブログで愚痴ってもしょうがないのではありますが。最近、ちょっと無理して日韓通訳セミナー頑張ってます!みたいな記事書いてたのがちょっとつらくなってしまいました。

連休中に時間みつけてマッサージでもしてもらおうかな。気分転換になるかしら?

2013年7月 9日 (火)

イ・チョルスの卓上カレンダー 7月

Photo_2

7

  그늘이 일찍 드는 밭 하나 있습니다.

  해 잘 드는 데는 힘을 많이 쓰고, 그늘지는 자라에는 건성하게 되는 법이라, 잡초도 무성해 있는 밭인데 옥수수/도라지/곰취를 심었습니다.

  새로 심은 더덕씨가 제대로 앉지 않았다고 아내가 불평을 합니다. 그래도, 묵은 뿌리가 있었는지 꽤 실하게 돌라오는 더덕순들이 있어서 지주를 실어다 여기저기 세워주었습니다.

  더덕순이 서로 기대고, 엉키면서 여름내 뿌리를 내리고 알이 굵어지겠지요. 이제 갓 시작한 더덕도 천천히 자리잡아 가게 될 겁니다.

  농사는, 기다리는 일이가도 해서, 너무 조바심하면 힘이듭니다. 자랄 시간은 줘야지요. 아이들 기르는 일이 꼭 그렇지요?

7

 早い時間に日陰になる畑がひとつありました。

  陽が良く差すところはいろいろと手をかけるのに、とかく日陰になる場所にはいい加減になるものだから、雑草も生い茂っている畑ですが、トウモロコシ、キキョウ、トラジ、オタカラコウを植えました。

  新しく植えたツルニンジンの種がちゃんと根を張らなかったと妻が不平を言います。それでも、残っていた根があったのか、とても丈夫に芽を出してくるツルニンジンがあるので、支柱を積んであちこちに立ててやりました。

 ツルニンジンが互いに寄りかかり絡み合いながら、夏の間に根を下ろし、実が大きくなることでしょう。今芽生えたばかりのツルニンジンもゆっくりと定着していくことでしょう。

 農業は待つことだとも言い、焦りすぎると大変です。育つ時間をやらなければなりません。子供を育てることはまさにそういうことですよね。

東京国際ブックフェア

東京ビッグサイトで開催された『東京国際ブックフェア』に行ってきました。今年のテーマ国は『韓国』。ブックフェアに行くのも初めてだったのですが、ずいぶん広い展示場に出版社がずらっとブースを設けている本の商談会なんですね。時間があったら期間中ゆっくり会場内を回ってみたい位です。

20130704_152144_500x375

商談会と同時進行で、作家の講演会などがたくさん開催されていました。

私のお目当ては、もちろん韓国の小説家たちの座談会と朗読。今回は、オ・ジョンヒさんとハン・ガンさん、そして中上さんのお話を聞くことができました。

20130704_171021_500x375

女性であることを意識して小説を書いたことはないが、女性でもある生身の自分を離れたところに小説はないので、やはりそのことが反映されたものになるのだろう。それに産む性であることと小説を産み出すことには共通性があるかもしれない。そんなお話がありました。

つかの間でしたが、いい時間でした。

受付してくださったたまさん、お疲れ様です。

韓国パビリオンでは、日韓でそれぞれこれまでに翻訳された本の展示がありました。韓国では村上春樹を始め日本文学が多数翻訳されているのに比べ、韓国文学が日本語に翻訳される機会は極めて少なかったそうです。そんなわけで、版権の商談なども今回勧められたようです。NHKの記事です。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130703/k10015770241000.html

2013年7月 8日 (月)

日韓通訳トレーニング(ニュースヘッドライン)

テレビ、ラジオのニュースの聞き取りがちゃんとできたら。そういう願いは皆さんもってると思うんだけど。今回の日韓通訳セミナーでは、MBCテレビのニュースヘッドラインの聞き取りに挑戦しました。

뉴스데스크という番組の冒頭に今日のニュースのさわりだけをまずお知らせするニュースヘッドライン。例えば10件のニュースを各ニュース文字にして3行、15秒程の内容で伝えるもの。これを1回聞いて何を言っているか可能な限り再現するという練習です。

とっても集中力が必要ですし、今世の中で起きていることに対する知識があるかないか、単語を知っているかいないかで聞き取りのできが違ってきます。

私はメタメタでした。でも周りが皆さん聞き取れているのですごいなあ!と感心しきり。先生は、これも慣れですから大丈夫ですよ。と優しくおっしゃってくださいます。

「通訳をしようと思ったら、まず聞き終えた瞬間には内容が全部理解できていないといけない。」と先生は当たり前のことをおっしゃっているのですが、難しいですね。

今回トレーニングでやっていただいた方法は、毎月の勉強会でも是非続けてやっていこうと話し合っています。MBCは誰でもアクセスできるしスクリプトもあるので、良かったら挑戦してみてくださいね。

http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/3306538_5779.html

2013年7月 1日 (月)

日韓通訳トレーニング(メモ取り)

『日韓通訳セミナー』は公開講演会の後、メンバー限定の通訳トレーニングを行いました。実は私たちにとってはこちらが本命だったかも。

最初にノートテイキングの練習方法をかなり具体的に実践しました。通訳をする時にメモをとるというのは私にとっては超難しい作業で、書いているうちに肝心な話が次に展開して、内容がとんでしまうということがあるので、短い話ならメモを取らずにやった方がいい位です。その方が集中して聞けるような気がします。でも、話が長くなったり数字が出てきたりするとメモはどうしても必要。どうしていいものか途方に暮れていたので、今回の講座はありがたいです。

まず、通訳技術の研究ではフランスの大学(パリ第三大学 翻訳通訳高等専門学校(同時通訳科))が世界で最も定評があるとのことで、その大学での実践的講義を映像で見せてもらいました。メモは横に書いていくよりも縦に書いていく方がよいとのこと。ノートの中央に縦線を引いて、左上から下へとメモしていきます。意味の区切りごとに(1文ごとでも)横線を引く、段落の区切りで二重線を引く。などなど。

日本語の記者会見を材料に日本語でメモをとり、日本語で再現する練習をやりました。これは結構できるんですね。さすが日本人だわ、私happy01 メモとりの工夫、例えばどこをメモするかとか、記号を使ってみるとか、という訓練はまず日本語でやってみるといいんだ、ということに気がつきました。

ところが、韓国語の記者会見でメモ取りをやってみると、これがまたとたんに難易度が上がり、私など全然できなくなってしまいます。これはメモ取りの問題ではない。聞き取りの能力の問題なのだ、と改めて思い知らされたわけなのでした。(続く)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ